| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
その日のまえに
その日のまえに
その日のまえに
重松 清

12月に、何冊か読んだ本は、記録しそこねたんだけど、
この本は、特別、泣かされたので、悔しいから書いておこう撃沈!?
 結構、感情の機微に触るものだろうと想像は、していたんだけど。
 図書館から借りてみると、目次は、短編物が並んでいる様子。
 
 ひこうき雲
 朝日のあたる家
 潮騒
 ヒア・カムズ・ザ・サン
 その日のまえに
 その日
 その日のあとで

 書名にもなっている”その日のまえに”の章に来て、全てが関連した話だったことに気づかされる。その日・・を迎えるために俺と和美は、新居を迎えた土地を訪れる。どの日とは・・・。
 涙腺の弱いてふは、1ページをめくるごとに、溢れてくる。ヤバイ。
 主人公達は、泣かないように鼻をすすりながら、嗚咽が漏れるのも我慢しているのに、読んでいるこっちは、慟哭の嵐。参りました。降参。

 涙で、我が身を流してみたい方に、おススメ←それじゃあ、誰も読まないでしょ??
本の記録 comments(7) trackbacks(2)
スポンサーサイト
- - -
Comment








あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

最近泣ける本読んでません。
<涙で、我が身を流してみたい方に
うお〜、泣けそう泣けそう。
ぜひ読んでみたいんですけど、
2月に漢字検定があるので、ソレが済んでから。
と言って、あみねこもお預け状態。
今年は編めないかも。(笑)
from. ぽんすけ | 2006/01/04 20:16 |
この本、泣けますよお。
今会い・・以上かも!
なにぶん、てふの場合、共感することしきり・・??だったってこともありますけど。うはは〜(ネタバレご法度ですゆえ・・ううん、口がむずむず・・)

それより、漢字検定、今年も頑張るんですね。すごいなあ〜〜。記憶力低下著しいてふには、ただ 尊敬!!あみねこのおあずけも、ちょっと淋しいけど、また、いつでも編める!!がんばってくらはい!
from. ぽんすけさんへ | 2006/01/04 21:11 |
あけましておめでとうございます!
今年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。
この本、私も読んで泣きました。
この本を読んだ前後にハッピーバースディや、世界の中心で愛しているを読んだので、泣きっぱなしでしたよ。
↓写真いいですね〜
山の雪景色、神秘的で好きです!
from. rio | 2006/01/05 21:37 |
今年もよろしくお願いします。
rioさんも読まれましたか〜。
涙物は苦手なので、ただただ参りました。

写真、ほめてくださって有難う★
標高3,000m級なんですよ。これでも¥^^¥
毎朝部屋から眺めるので、山のないところへ行くと落ち着きません。
from. rioさんへ | 2006/01/06 12:36 |
誰かにききたくてしょうがない・・・『朝日のあたる家』の人だけ最後にでてきてくないですか??
from. okkoきき | 2006/02/16 21:05 |
「その日のまえに」私も読みました。
仕事が暇なので、職場で読んだので、
感情移入がイマイチだったせいか
号泣するに至りませんでした。(残念)
でも、「ヒア・カムズ・サン」では
お母さんの気持ちがせつなくて、職場なのに、
目がウルウルしてきて困りました。
涙を流すほどではなかったのですが。
でも、とてもいいお話だったので、
また時を置いて、読み返してみたいです。
今度は自宅で読んでみようと思います。(笑)
from. ぽんすけ | 2006/02/28 22:44 |
ぼんすけさん、お久です!

ヒア・カムズ・サンは、子どもを持つ親なら、誰もが感情移入どっぷりしてしまう。
うるるのストーリーは、最近の流行傾向だから、他にもいい本があったら、教えてくださいな。
からからの心にならないように、いっぱい本を読みたいてふです。(でも、てっぺいと越中の国から・・ブログのカスタマイズに夢中で、なかなか本も読み進まずにいました!)
ぼんすけさんの美味しいお菓子を目で頂き、よし!明日も、頑張るか!!
from. てふ | 2006/02/28 22:51 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tehutehu.jugem.cc/trackback/417
この本を読むのには、勇気がいった。 13年前… 「死」なんて想像できなかった頃。 『病名は教えないでね。頑張れなくなっちゃうから…』、と彼女は手術室に入っていった。 結婚記念日には10本の赤いバラをあげた。 『ありがとう!』の声はかぼそかった。 その
| じゅずじの旦那 | 2006/03/04 00:34 |
重松清さんのその日のまえに。7つの短編集。 通勤途中の電車の中で読むことが多く、普通であればとっくに読み終えているのだが、今回はなかなか先に進まない。というのは、読み進めては泣けてしまい、本を閉じ、ハンカチを取り出し、マスカラが落ちないようナミダフキフ
| 普通のコト。スキなコト。 | 2006/01/04 22:33 |
<< NEW | TOP | OLD>>